カテゴリー: 未分類

車を高く売るコツは査定前に損しないこと!

タイヤ交換にバッテリー交換等、車の消耗品に関して、

古くなってきたものを新規交換したなどの経験は誰しもがあることかと思います。

当たり前ですが、タイヤもバッテリーも古くないほうが良いというのは、あなたの想像通りです。

 

しかしながら、これから車を売却するぞという場合に、

車の消耗部品を新品に交換してから売却したほうがいいのか?

というと、実は一概にそうとは言えないことも。

 

不思議に思うかもしれませんが、

もしも新品に交換してから査定してもらったとしても、

実は買取価格にはそれほどプラスに働くものではなく、

 

査定担当者はむしろそれが標準だよね!

くらいの印象を受けるからです。

 

影響してくるとすれば、

タイヤのスリップサインが出るくらいすり減っているとか、

エンジンが動かないほどまでバッテリーが弱ってたりすると、

査定士のマイナス査定につながることはあるんですが、

 

例えばタイヤのニューモデルが売り出されたからといって、

そのニューモデルに交換しても結果としてプラス査定につながるということはないんです。

 

この話は僕自身の経験談でもあるんですが、

その時の買取業者の方には

「これで買取金額が高くなることにはなりませんので、次に車を売却する時には正直交換しないほうがいいですよ!」

と言われたお話なんです。

 

要するに、タイヤもバッテリーもそうですが、車の消耗品関係に至っては、

車を売る前提では交換する意味など全然ないですよ~ということです!

 

当然、古いくなったタイヤやバッテリーよりは、

新品のタイヤやバッテリーのほうが少しは査定額も高くはなるようですが、

交換にあたって負担した費用ほど高く買取してくれるということはないようなので、

せっかく良かれと思って交換しても結果的に損してしまうということなんです。

 

今回は車の消耗品関係について解説しましたが、

もうすぐ車を売る予定があるという方や、既に車を買い替えるところだという方は、

車を高く売る方法や、おすすめの買取業者がランキング形式で掲載されている、こちらの八王子市の車買取を読んでおくと、さらに車を高く売る方法が分かると思いますので、チェックしてみるといいでしょう。僕も参考にした記事ですので。

車を高く売る為に傷を修理店で直してもらおうとしてる人!今すぐやめて下さい!

車を買取してもらうとき、少しでも高く買取してもらうと考えるのは当然のことだと思いますが、

そんな思いが時には仇となってしまうことがありますんで、

今日はそうならないために皆さんに注意してもらいたいことを話しておきます。

 

この記事タイトルで既にお気づきのことかと思いますけども、

みなさんに注意してもらいたいことというのは、

車を買取してもらう時に、車の傷を修理店に持ち込んで直してもらうという行為です。

 

コレ実は、僕が実際にやっていたことなんですけども、

車というのは当然、傷だらけの車よりも傷がない綺麗な状態の車のほうが

その買取価格は高くなるもので、それならばと、いつも車を売る時は

傷を綺麗に補修してもらってから査定に出していたんですが、

 

あるブログを読んでいたら、それは絶対にやめたほうがいい!ということが書いてあって、

それ以来、車査定をしてもらう前に傷を直すことはやめたんです。

 

 

では、どうしてやめたほうがいいのかという肝心要の部分ですが、

理由はとっても簡単で、車の傷を直すためにかかった費用ほど、

直したことによって高くなる買取価格が高くならないからなんです!

 

例えば、皆さんの車に傷があったとして、

その車をそのまま買取してもらうと50万円だったとします。

 

そしてその傷を直すのにかかる費用が10万円だったしますね。

 

でも、直してから買取してもらったとしても、

その車は55万円にしかならない。こういうわけなのです。

 

つまり、傷を直してしまったことで5万円も損してしまう。

だから、傷は直してから売ってはいけないということなのです。

 

しかも、これの危険なところは、

傷を直した場合と

そのままで売った場合の金額の比較が

実際にはできないというところで、

損していることに気づくことができないということです。

 

だから自分では高く売ることができたと思ってしまっているので、

次回また車を売るときにも同じように損してしまう人が多いのです。

 

いやぁ本当に今までなんてモッタイナイことをしてきたんだろうと、

この事実を知ったときは落胆してしまったわけですが、

 

これを読んでくださった皆さんは、

そんなことにならないよう、

車に傷があったとしても

ぜったいにその傷は直さずにそのままで売るようにしてくださいね。

 

ちなみに傷だけじゃなく、車体のヘコミでも、どっか壊れてるとこが

ある場合でも、これは同じです。

 

直すなら自分でできる範囲におさめておくこと。これが重要で、

わざわざ修理店に直してもらうと、そこには思わぬ落とし穴が

ありまんでくれぐれも注意してください。

 

このあたり、もっと詳しく知りたいなという人は、

このさいたま市の高価車買取店!おすすめベスト3ランキング!で読んでみてください。

傷の話以外にも車を高く売るための秘訣がぎゅっと詰まったブログになってますんで。

 

 

 

車一括査定がおすすめな理由は買取業者が競い合うから!

さて、前回の投稿で車を高く売るには車一括査定を使うことが大切である!という話をしましたが、覚えていますでしょうか?

今日はその理由について、もう少し突っ込んで話していきたいと思いますので、是非読んで頂けたらと思います。

 

では、その理由についてですが、最初に結論から言っておくと、

車一括査定を使うと買取業者同士が査定額で競い合うから査定額を高くなりやすい!

これが車一括査定を使うべき最大の理由です。

 

車一括査定については、この理由以外にもおすすめである理由がたくさんあるわけですが、

今日は車を高く売るうえでおすすめな理由にスポットを当てて話していきたいと思います。

これ以外のおすすめである理由は別の機会に少しずつ紹介していけたらと思います。

 

では、どうして買取業者同士が競い合って査定額が高くなるのか?このメカニズムについて触れていきます。

 

車一括査定というのは、文字通り多くの買取業者に一括して査定を依頼できるサービスです。

つまり一度使うだけで多くの買取業者に愛車を査定をしてもらうことができるわけですが、

これにより多くの査定額の中から一番高いところに売ることができるので結果的に車を高く売ることができる!こういうわけです。

 

え、だったら車一括査定を使わなくても、自分で中古車店を調べて、いろんな買取業者から査定してもらっても同じじゃないの?

こんな疑問を抱いた方も少ないかもしれません。

 

が、それでは全然ダメなのです!

 

皆さんが交渉のスペシャリストで交渉事には自信がある!って方なら、その方法でももちろん問題はありません。

どうぞご自分で買取業者をお調べになって車を査定してもらい買取してもらってください。

 

でも、交渉のスペシャリストではないって方は、必ず車一括査定を使って車を売るべきなのです。

 

なぜなら、車を高く売るためには買取業者同士を査定額で競わせる必要があるからです。

交渉事が得意な方なら自分で買取業者に車を持ち込んで、交渉しても上手くいくかもしれませんが、

そうでない方には交渉をして買取価格を高くしていくというのはとっても難しい作業になります。

 

買取業者は百戦錬磨の中古車買取のプロであり、こちらは車を売ることが不慣れな素人。

 

そんな素人が買取のプロ相手に交渉しても、上手くいく可能性は低いのです。

場合によっては、「上手くいった!」の思っていても、それは買取業者の作戦どおりで実際には安く売ってしまった可能性だってある考えられるのです。

 

でも、車一括査定を使った場合はどうでしょうか?

 

車一括査定を利用すると、一度に多くの買取業者に査定依頼ができるわけですが、

この車一括査定を介して査定依頼があった場合、その買取業者は車一括査定を介して査定依頼があったということは、このお客さんは他にもいろんな買取業者に査定してもらうことになるな。と、自然とこんなふうに思うのです。

 

つまり、いろんな買取業者から査定を受けることが分かっている以上、

その車を買取するためには、その他の買取業者よりも高く買取しないといけないわけですから、

交渉なんかしなくとも、買取業者は自然と査定額を高くせざるを得ないのです!

 

他の買取業者のほうが高く買取しますよと言っているのに、

そこよりも安い査定額のところに売る人なんているわけないんですから、

査定する買取業者としても、何とか他の買取業者よりも好条件を出そうと頑張る。

 

その結果、皆さんの車が高く売れる!

こういうわけですね!

 

先ほど、

交渉のスペシャリストであるならば車一括査定を使わなくても! なんて言いましたが、

 

個人的には、

車一括査定を使えば自動的に買取業者同士が競い合って査定額が高くなる環境を作れるわけなので、

 

交渉が得意だろうがなんだろうが、

車一括査定は使っておいたほうがいいのでは?

と思うわけですね。

 

その交渉の実力は車一括査定を使っても発揮できるわけなので、

まずは自動的に競合する環境を作っておいて、

そこから持ち前の交渉力を生かせばいいのですから。

 

はい、少し長くなってしまったのでまとめますが、

車一括査定を使う → 買取業者は他にもライバル業者がいると理解する → 他よりも条件を良くしないと買取できない環境になる → 査定額を頑張って高くする → そのうえで出てきた査定額を比較する → 最高額の買取業者に買取してもらう → 車が高く売れてハッピー → 想定よりももっとグレードの高い車が買えるかも!

 

ということですよね?

 

ただ単に車一括査定を使えばいいってもんじゃなく、こういったシステムもよく理解したうえで車一括査定を利用すると、結果はまた違ってくることかと思いますので、是非このことを忘れずに覚えておいてもらえたらなと思います。

ちなみに、ここでお話したことはこの千葉市で車買取した人の体験ブログで勉強させてもらった内容です。もっと詳しく知りたい人は参考にしてみるといいかと思います。

では今日はここまで!また次回もお楽しみに!

車を高く売る上で絶対に忘れてはいけないことと、車売却の全体的な流れ。

さて、今日からは少しずつ皆さんに車を高く売る秘訣についてお話していきたいと思います。

まず手始めに、

スマホが普及した昨今、すぐにインターネットでなんでも調べることができるようになりましたが、車を高く売る上でもこれはとても有利な世の中になったと言えるので、ネットを駆使した車を売る方法についてご紹介したいと思います。

 

一般的に車を査定してもらう流れは、はじめに一括査定をネットなどで申し込みましょう。

中古車買取業者によってこちらの情報を基に算出された査定額が出されますので、数ある中から査定の額が高い業者や、信頼のできそうな業者をその中から見つけ、実際に査定してもらいます。

多くの買取業者から提示された査定額の中に満足することができる金額のものがあったら、契約し、車を売却します。(代金はその日にもらえるのではなく、後日振り込まれる場合が多いです。)

 

簡単に説明するとこんな感じで車を売っていくことになるわけですが、今日の中で覚えておいてほしいことは、必ずインターネットで車一括査定を利用するということです。

 

直接買取業者に車を持ち込んで査定してもらうという方法もありますが、これは正直おすすめではありません。

 

買取業者から高い査定額を引き出すためには買取業者と別の買取業者を査定額で競わせなくてはならないので、直接車を持ち込んでしまうと競わせることができないからです。

もうお気づきかと思いますが、車一括査定なら同時に複数の買取業者に査定してもらうことができるので、買取業者同士が査定額で競い合うため、高く買取してもらいやすいということです。

 

はい、今日は車を売る流れについてその全体像と車一括査定を使うことが重要だよ!ということをお話させて頂きました。

是非忘れずに覚えておいてくださいね。

ご挨拶。車を高く売るための手帳を是非ご活用ください!

どうもみなさんこんばんみ!マナブと申します。

このブログでは、サイトタイトルにもあるとおり、

車を高く売るための知識や秘訣を紹介したいと思います。

 

名付けて「車を高く売るための手帳」というわけですが、

 

その名からもわかるとおり、

わたくしマナブが実際に車を売ることで習得した

車を高く売るための秘訣を紹介していきたいと思います。

 

自分で言うのもなんですが、

ここで紹介する手法を実践してもらえれば、

 

きっと皆さんの車を高く買取してもらうことができるかと思いますので、

 

車を査定に出すまえに是非ご一読してもらえたらと思います。

 

ここでは車買取においての自分の失敗談から分かったことも書いていきますので、

車を安く売ってしまわないための道標ともなるはずですので、

そういった意味でもお役に立てるかと思います。

 

ただ、予め言っておきますが、

自分にとっての備忘録的な意味合いも強いブログとなりますので、

思ったこと、

感じたこと、

忘れてはいけないこと、

車を高く売る上で重要なこと

 

をどんどん書いていきますので、

ちょっとくらいの読みづらさはご勘弁頂けたらと思います。

 

車を高く売る方法とは?

車を査定に出す前に洗車は必要?

車検が切れた車って査定してもらえるの?

走行距離が多い車は?

事故車は?

タイヤ交換はしたほうがいい?

車買取一括査定っておすすめ?

ディーラー下取りはやめたほうがいい?

 

などなど、車を高く売るために必要な情報を

ドンドン紹介していきますので

皆さんにとっての愛車を高額買取してもらうための手帳として

是非ご活用頂けたらなと思います。